LUCENT BLOG

ルーセント公式ブログ

ルーセントカップ2021「東京インドア」観戦チケット座席数について

 「ルーセントカップ2021 第61回東京インドア 全日本ソフトテニス大会」の座席数についてお知らせです。

 

11月2日現在、内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室より、11月末までの催物の開催制限が各都道府県知事に通達されています。それに応じて、東京インドア2021は座席数を収容定員の50%以内に設定しています。従来より座席数が大幅に減っているため、今大会のチケットは早い段階で完売する可能性もございますので、ご注意いただければと思います。

 

12月以降の新しいガイドラインが発表され、収容率が緩和された場合には各種調整の上、追加のチケット販売を実施する可能性もございます。その際はウェブサイトやSNSで発表いたします。また、現地に来場できない方にも楽しんでいただけるよう、オンライン配信の準備を進めています。チケット購入により視聴できるシステムで、チケットの販売準備も併せて進めています。こちら詳細が決まり次第発表いたしますので、今しばらくお待ちくださいませ。

 

座席数の減少は、運営に大きな影響を与えています。そのなかで、東京インドア2021をなんとか実現するため、さまざまな企画を実施して参ります。ぜひともソフトテニスファンのみなさまのご支援、ご協力を賜りたく、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

2020年は、新型コロナウイルスの影響で大規模大会が軒並み中止になり、「大変残念だ」というご意見を多数いただきました。「スポーツコミュニティの活性化」をミッションに掲げるルーセントとしては、みなさまに楽しんでいただける東京インドア2021を実施するため、ベストを尽くす所存です。

 

感染対策や安全対策を考慮し、ガイドラインに従いながらの開催は、これまでとは違う点も多々出てきます。お客様にはご迷惑をおかけしてしまうこともあるかと思いますが、何卒ご了承いただき、ご協力いただければ幸いです。

 

東京インドア実行委員会
株式会社ルーセント